2015年7月19日 (日)

在宅医療について

こんばんは。

 

 

終末期の在宅医療について教えてください、

 

という質問をいただきました。

 

 

末期癌と診断されたり、高齢になったりで

 

(どうも自分は、そう長くは生きられそうにない・・・)

 

と思われた時、選択すべきことがあると思います。

 

 

 

  ・最期まで、命のある限り、病気と徹底的に戦う

 

        のか・・・

 

  ・自然な流れには無理に逆らわず、痛み等の苦痛を緩和しながら

 

   最期まで自分らしく楽しく過ごす

 

        のか・・・

 

 

どちらを選ぶのかはその人の生き方、考え方次第です。

 

 

もしも、

 

「命は有限であり、死は全員に必ず訪れる」

 

ということをしっかりと理解されているのであれば

 

後者を選択するのがいいのではないかと

 

僕は思います。

 

 

とはいっても

 

「重病の自分が家にいていいものか?」

 

「そんなことがはたして可能なのか?」

 

っと思われるかもしれませんね。

 

 

四日市で在宅専門クリニックを開業されている

 

石賀丈士医師は著書の中で

 

「訪問看護やヘルパーなどのサポートを受けることで

 

たとえ独居であっても在宅ケアは可能です。」

 

とおっしゃっています。

 

 

僕も在宅で療養されている末期がんの方に

 

施術をすることがありますが、

 

みなさん余分な苦しみを味わうことなく

 

最期まで穏やかにすごされる方が多いですし

 

家族も

 

在宅で看られてよかった、といわれる方が多いです。

 

 

僕は自分の親は

 

できるなら自宅で最期まで過ごさせたいと考えています。

 

 

以下、石賀医師の著書

 

”最期まで命かがやいて”

 

からの引用です。

 

 

この50年で、死をタブーとして日常生活から遠ざけて考える人が

 

とても増えました。

 

そして日本人の多くが、死を、

 

「みたくないもの、避けるべきもの」として

 

病院に押し付けてしまいました。

 

   ~中略~

 

家での看取りでは家族が泣き崩れるようなことは

 

ほとんどありません。

 

お別れの兆候が分かり、それに応じて心の準備ができるからです。

 

また、最後まで自分たちが主役で、患者さんの面倒をみることができます。

 

本来、最期の場面に医師はいりません。

 

家族でゆっくり看取りをして、呼吸が止まったら呼んでくれればいいのです。

 

患者さんも、自分がいつ亡くなるかということをかなり正確にわかています。

 

死の直前に家族を集め、感謝の言葉を伝えて笑顔で息を引き取った

 

患者さんも多くいます。

 

そのような場面に遭遇して思うのは、やはり住み慣れた家で

 

家族に囲まれて亡くなるというのが、人間として幸せではないかということです。

 

 

 

そして、石賀医師は医師の3つの仕事として、

 

 ・病気を治すこと

 

 ・患者さんや家族の心を支えること

 

 ・もう治る見込みのない患者さんに寄り添うこと。

 

 

と言っています。

 

 

こんな素晴らしい医師が近くにいる

 

三重県北勢地方の私たちは

 

本当に幸せだと思いますhappy01

 

 

いしが在宅ケアクリニック

 

 

http://www.ishiga-cl.com/

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

お久しぶりでございます・・・(笑)

四日市で在宅医療専門のクリニックを開業されている

石賀丈士先生が本を出されました。

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E6%9C%9F%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%80%81%E5%91%BD%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%82%84%E3%81%84%E3%81%A6-%E7%9F%B3%E8%B3%80-%E4%B8%88%E5%A3%AB/dp/4344972201

僕も読ませていただきましたが

とってもいい本です。

みなさんもぜひ読んでみてください。

私たちの暮らしている

三重県北勢地区には

こんな素晴らしい、

志の高い先生がいらっしゃいます。

・・ということを皆さんにお知らせしたくて

久々に更新しましたhappy02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

元気が出る烏骨鶏

Photo


烏骨鶏は10日に1回(20日だったか?)しか卵を産まないという。

その分、濃厚で栄養たっぷりんこ。

僕はこの烏骨鶏プリンを入院患者さんの

お見舞いの時などによく持っていきます。

めっちゃ元気出ますよ。

プリンなので嚥下困難な方にもオススメ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

ご隠居ぉ、そりゃぁないやぁ byうっかり八兵衛

Hachibe


あたたかくなってきましたねぇ。

気持ちよくて ぼーっ としがちです。


こんな時、

”ついうっかり”

なんてことありませんか?


ボクは・・・

 図書館に売り上げの入ったカバンを置き去りにしたり・・・

 ミスター○○カチの駐車場から車を出すとき電信柱の存在を思い切り忘れ、
 ”ガシャン、ゴゴゴ”ってやってしまったり・・・

最近いろいろやらかしてますwobbly

皆さん

”うっかり”

には気を付けてくださいね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

保険取扱い研修

T_face_a07


今日は当院の所属する

㈳三重県針灸マッサージ協会の

保険取扱講習会に出席するため

津へ行ってきました。

患者さんのため、

鍼灸マッサージ施術に同意してくれる医師のため、

”決まり”に従って仕事を行うことは

当然の中の当然のことなんですが

これがなかなか守れない人が多いようで・・・pout

結果、僕たちの業界に対する行政、医師会からの

風当りというのはそうとう厳しいものがあります。

当院は、今まで通り、足元をしっかり見つめながら

こつこつこつこつ

信頼を積み上げていきたいと思いますthink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

もう節分?

Images30

前回は

”今日から師走”

気が付けば

節分も終わりました…。

ご無沙汰、申し訳ないですthink

当院は元気に活動しておりますので。

また書きま~すdelicious

以下、お知らせです↓

今月の出張施術会は

2月25日(水)午後4時30分~午後7時30分です。

場所はいつもの

ふるさとの里さん 2階”みんなのへや” です。

お気軽にどうぞ~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

今日から師走

おはようございます。

今日から12月。

今年もあと1か月ですね。

早いものです・・・。

師走といえば

   ・交通事故が多い
   ・風邪がはやる
   ・どろぼうが多い

てな印象が自分はあります。

先日も往診中に不審車両(公園巡りをして子供を物色していた)

を見つけ、あとを追跡しながら警察に通報しました。

何かとあわただしくなると思いますが、

気を引き締めて過ごしたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

ご来場ありがとうございました<(_ _)>

今日は

近くの小学校のフリーマーケットに

参加しました。

Dscn2624

マッサージ&手つくりアクセサリーのお店ですhappy01

Dscn2623

Dscn2630


Dscn2627

手つくりアクセサリーはけっこう人気でして

開始から終了まで人が絶える時間がほとんどなかったです!

ありがとうございました~!!

(残ったアクセサリーは院内にも飾ってありますので

ご覧くださいね)



Dscn2632

例年になくたくさんの人に足を運んでいただきました。

ありがとうございましたーhappy02






| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

訂正

すいません・・。

昨日お知らせした

日進ふれあいマーケット

の時間が間違ってました。

正しくは

午後12時~午後3時15分

です。

申し訳ありませんでした。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

日進ふれあいーマーケット

宣伝です。

今度の土曜日、

日進小学校体育館で行われる

日進ふれあいマーケットに

出店します。

今年は

ボクの針灸マッサージ体験

嫁さんのハンドマッサージ体験です。

いずれもワンコイン(¥500)です。

あと、

長女の作ったアクセサリーも

出品させていただきます。

20141021084700_deco

時間は午後1時~4時です。

ぜひどーぞ~happy01

ちなみに

こちらは去年の様子

20131201111755_deco

20131201111422_photo_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ボランティア施術