« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年11月

2011年11月20日 (日)

セミナーざんまい

この一週間はセミナーざんまい。

たまにはいいもんです。

で、今日は大阪。

間違えて午後に仕事を入れていたため

半日で泣く泣くUターン。

でも、気づきの多い、いいセミナーでしたよ。

大阪の美人院長とも知り合いになれたしhappy01

やっぱ、外に出るのは、いいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

等身大

最近、チラシでもネッでも

過大広告、多くないですかね?

「たったこれだけで○○できる!」

「こんな○○があったなんて!驚きの声続出!」

「たった3日であなたも○○」

などなど・・・。

広告効果を考えるとき

まず”目を引く”ということが第一。

(でないとゴミ箱にポイッ、チラシの寿命は5秒ともいわれる)

だからなるべくセンセーショナルな見出しをつけたがる。

でも、中身はどう?

「中身の違いなんてお客さんはわからへん。

”よさそうなもの”が売れるんや!」

これもその通りなんです。

でも・・

なんか違うって思う。

そんなに期待値ばかりあげて大丈夫?

「なんでも治します!当院なら治せます!」

こんな宣伝してる治療院もよくあります。

ウチは・・・・

よう言わんわ、そんなこと。

(当院の)鍼治療って、どこまでいったって

”体に傷をつけることで病気を治す治療法”

なんですね。

そうである限り、どうしても症状が悪化する患者さんも

少数ですがいらっしゃいます。

特に、ウチのように高齢者、それも身体機能、体力とも

著しく低下している患者さんにを多くみせていただいていると

しばしば症状悪化を招くことがあります。

針の深さ、施術時間、施術体位など・・・。

細心の注意を払っていてもそんなことがあります。

正直に言いますと当院でも最近2例ほどそんなことがありました。

若くて体力がある方ですと

「いわゆる”好転反応”ですね」

と言っておけば済みますが

高齢者の場合ですと、なかなか戻りが悪くて

痛みが長引くことがあります。

神経症気味の人なら余計に尾を引いたりもします。

治療効果を適切に告知し、患者さんに認知してもらい

背伸びしない”等身大の鍼灸治療”で

これからも皆さんのお役に立てるように

精進していこうと改めておもった

秋の夜長でございます。think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

我が意を得たり

最近、子供たちの間で懐メロが流行っているんだとか・・・。

今日、テレビでやってました。

そういえば、うちの長男&悪友たちも

「リンダリンンダ~♪」

なんてよく歌ってましたっけ。

確かに最近の歌って覚えにくい。

おもわず口ずさんでしまう、なんて歌が少ないですもんね。

(マルマルモリモリくらいか?)

仮面ライダーの歌も子供が歌うようなものでないぞ、最近は。

今、CSやってるけど

”燃えよドラゴンズ”なんかも、なにやら難解な歌詞ですな。

カンタンなんんがええな、

カンタンなんが。

やっぱ、”燃えドラ”は坂東英二がええな。坂東が。

一度聴いたら忘れられん歌がええな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »