« 今日から師走 | トップページ | 保険取扱い研修 »

2015年2月11日 (水)

もう節分?

Images30

前回は

”今日から師走”

気が付けば

節分も終わりました…。

ご無沙汰、申し訳ないですthink

当院は元気に活動しておりますので。

また書きま~すdelicious

以下、お知らせです↓

今月の出張施術会は

2月25日(水)午後4時30分~午後7時30分です。

場所はいつもの

ふるさとの里さん 2階”みんなのへや” です。

お気軽にどうぞ~

|

« 今日から師走 | トップページ | 保険取扱い研修 »

コメント

森島先生 待ってました やっと2ヶ月余でUPですね

「建国記念の日」ですね 私は今年まで「建国記念日」

と思い込んでいましたが 正確には「建国記念の日」な

のですって知ってました?

どうも 歴史的にいって 建国記念の日と建国記念日は

異なるようです。 なぜ2月11日になったか知ってますか

第一代天皇 神武天皇が 即位したのが2月11日だったか

らです。  

戦後の経緯はウイキペデイアによりますと次のような

ことだそうです。

紀元節復活に向けた動きは、1951年(昭和26年)頃から

見られ、1957年(昭和32年)2月13日には、自由民主党

の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定

に関する法案が提出された。しかし、当時野党第1党の日

本社会党が保守政党の反動的行為であるとして反対した為

衆議院では可決されたものの、参議院では審議未了廃案と

なった。

その後、「建国記念日」の設置を定める法案は、9回の提

出と廃案を繰り返すも、成立には至らなかった。1963年

(昭和38年)6月20日には、衆議院内閣委員会において、

委員長永山忠則が法案の強行採決を行ったが、これに抵抗

した社会党議員らに体当たりされ、入院するという一幕も

あった結局、名称に「の」を挿入した「建国記念の日」と

して“建国されたという事象そのものを記念する日”であ

るとも解釈できるようにし、具体的な日付の決定に当たっ

ては各界の有識者から組織される審議会に諮問するなどの

修正を行い、社会党も妥協。1966年(昭和41年)6月25

日、「建国記念の日」を定める祝日法改正案は成立した。

同改正法では、「建国記念の日 政令で定める日 建国をし

のび、国を愛する心を養う。」と定め、同附則3項は「内

閣総理大臣は、改正後の第2条に規定する建国記念の日と

なる日を定める政令の制定の立案をしようとするときは、

建国記念日審議会に諮問し、その答申を尊重してしなけれ

ばならない。」と定めた。当の「建国記念日審議会」は、

学識経験者等からなり、総理府に設置された。約半年の審

議を経て、委員9人中7人の賛成により、「建国記念の日」

の日付を「2月11日」とする答申が1966年(昭和41年)

12月9日に提出された。同日、佐藤内閣は「建国記念の日

は、二月十一日とする。」とした「建国記念の日となる日

を定める政令」を定めて公布し、即日施行した。


とのことです。 「の」が入った意味も明記してありまし

た。

勉強になりましたか。

森島ブログは格調が高いですね(今夜だけですが)

おやすみなさい

                  
次は3月21日「春分の日」もうそこまで春が来ています。

寒さは残っていますが 日差しが変わってきたように

思います。 

                          南淵

投稿: 南淵 | 2015年2月12日 (木) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499672/58902275

この記事へのトラックバック一覧です: もう節分?:

« 今日から師走 | トップページ | 保険取扱い研修 »